受講者様の声(コーチング)

Mさん   40代前半  会社員(小学生の母)

コーチングテーマ:仕事を続けていけるかが不安

 


【これまで変化について教えてください】


職場が男職場のため、女性のことはあまり考えてもらえず、このままこの職場でやっていけるか不安で、ここ数年、退職時期を考えてばかりいました。

初回のコーチングで「Mさん、男性と競争してませんか?」と聞かれ、ハッとしました。
そこから、オセロの「黒」が次々と「白」に変わっていくように、私の中から、男モード(おっさんモードでもある)が減っていきました。

頑なに履いていかなかったスカートを履いて出勤してみて電車の中ですごく嬉しかったことを覚えています。

職場では、仕事の内容については聞くことができても、働き方とか、在り方について、ガチで話せる相手がゼロです。セッションの度に、一皮むけていく感じがけっこう楽しみです。


【セッション一番役に立ったことは何ですか?】


一言でいうとコミュニケーション。

新人には厳しすぎ、同僚にはなあなあになり、上司には何でも受けてしまうという、典型的なサラリーマンのコミュニケーションの仕方を、入社以来叩き込まれてきました。そういうのが嫌と最初は思っていたのに、いつのまにか自分もそんなコミュニケーションをしていることに気づき、やはりおっさん化してるな…と。

セッションでは「セッション終了のとき、どんな状態になっていたいですか?」と聞かれます。
最初はかなり違和感のある質問やなと思っていましたが、「自分の意見を尊重されている」という気がすので、最近部下にも使ってます。


【受講を検討している方へ一言お願いします】


今の職場を退職しようかと考えている人は、一度、セッションを受けてみるといいです。
いろいろ考えていたつもりでしたが、いろんな視点を手に入れて、私の場合、今の職場でやりたいことをやる!という方向性を見つけることができました。
3年後や5年後のことも見据え、慌てて決断する前に、冷静になれます。

 

Aさん  30代前半  会社員

コーチングテーマ:自分に自信がなく、他人との関係に気を遣ってしまう

 


【セッションを受けていただいた後の変化について教えてください】


セッション前は、自分に自信が全くなく、そんな自分のことが嫌いで責めてばかりなので、人間関係もうまくいかずでした。

3時間も話ができるか不安だったのですが、優しくうんうんと頷いて聞いてくれお母さん的な感じがしました。

セッションの中で、優しさが自分の軸になっていることに、自分自身で気づくことができ、やっと大切なものを発見できてホッとできました。

「私って生きてる価値ある?」ということを確認するためにはるばる飛行機でやってきたのですが、最後には、笑いと涙でいっぱいになりナリーさん(松浦)が近くに住んでくれていたら、毎日話したい!と思いました。


【セッションで一番役に立ったことは何ですか?】


前を向いて生きて行こう!と思ったことです。価値ゼロだと思っていましたが、たくさんリソース(※注)を見つけることができました。

※リソース=強みをはじめ、使えるもの全部


【受講を検討している方へ一言お願いします】


暖かく包まれた感じがします。やわらかい関西弁も好きです
ナリーさん(松浦)は、3時間以上私の話を聞き続けてくれました。なかなかここまで聞いてもらえることって、ないと思います。絶対おすすめです!!

娘との関係が劇的に良くなりました。

 

Wさん  40代  会社員(中学生・高校生の母)

コーチングテーマ:身近な人との関係

 


【継続セッションを受けていただいた後の変化について教えてください】


娘との関係が劇的に良くなりました。

長女のときには何ともなかったことが、次女相手ですべてひっかかっていました。

次女が中2のとき、学校の友だちとうまくいかず、色々と話を聞いて相談に乗っていたつもりが「お母さんは何もわかっていない」と逆に、私ともこじれてしまい、どうしたらいいのかがわからない状態でした。

思春期の子育て本を読んだり、研修を受けたことのあったコーチングについてもネットで調べたりして、自分なりに努力しながら相談に乗っていたつもりだっただけに、気持ちが暗い状態になっていました。

今でも中3になった次女と、ケンカをすることはあります。が、「ここが悪い・あそこができていない」という弱点探しではなく、「次女は、本当はどうしたいと思っているのかなあ」という指標を持っているので、ケンカしても大丈夫、という感覚を持てています。

長女からも「お母さん、最近、妹と通じるようになったね」と言われてます。


【セッションで一番役に立ったことは何ですか?】


私の場合、全部です。

というのも、保育園時代からフルタイムで子育てしてきて、中学受験もさせて、自分なりに「母親業、頑張ってるなあ」と自負してきたので、次女に「お母さんは何もわかっていない」と言われたことがかなりショックで、これまでの十数年間を全否定された気持ちになっていたところから立ち直れたからです。

心に残っていることは「心の奥底からかすかに聞こえてくる”内なる声”に従ったらいいですよ」という言葉です。
間違った信念を身に着けていることで、他人軸でいることが多くなっていた私に、すごく響きました。


【受講を検討している方へ一言お願いします】


すぐ使えるコーチングの「スキル」を教えてもらえるのかなあと思っていたのですが、ナリーさん(松浦)は、いつも『本質』と『理由』から入ります。家を建てるとき、「インテリア」に凝るのではなく、『地盤』と『基礎』を厚くしてもらっているイメージです。

小手先ではなく、本当に自分をよくしたいと思っているなら是非受講してほしいです。

 

Kさん 40代後半 士業

コーチングテーマ:経営相談と家族との関係

 


【ファーストセッションを受けていただいた後の変化について教えてください】


開業して以来、拡大拡大と続けてきて自分でも一貫性がないと感じていました。整理しないといけないと思いながらも、日々のクライアント対応に追われ棚卸ができていない状態でした。

たった1回セッションを受けただけで、一気に整理されました。はっきり言ってびっくりしました。

私が話をしている間に、メモを取りながらあっという間に図にしてしまい、自分の仕事の全体像を把握させてもらいました半年前に、経営コンサルタントを雇って効果がなかったので、元公務員でコーチングをしている人に相談しても大丈夫かなあと思っていたのですが見事に期待を裏切られました。


【セッション一番役に立ったことは何ですか?】


整理されたこと。ここ数年モヤモヤしていた整理が、あんなに鮮やかに片づいたことが驚きでした。具体的なことをもっともっと整理したいと思ったので、その後の継続セッションをお願いしました。


【受講を検討している方へ一言お願いします】


以前から松浦さんのブログを読んでいて、面白いなあと思って興味をもっていたのですが、元役所勤めというところが不安でした。

が、期待を裏切られました。公認会計士と一緒に行政監査と一緒にやっていた経験からか、ロジカルシンキングとかフレームワーク活用をスラスラやってくれます。

松浦さんのクライアントは、メンタル面で悩んでいる人が多いそうですが、ビジネスコンサルタントとしても、素晴らしいと思うので一度受講してみることをお勧めします。